CADの種類は色々

このサイトでは、AutoCAD(オートキャド)について、私の個人的な意見も交えて色々話をしています。

数あるCADの中でなぜAutoCAD(オートキャド)なのかというと、答えは非常に単純です。私がAutoCAD(オートキャド)の操作に精通しているからです。

自分が詳しく知らないことについて書いても、読んでいる方にとって有益な情報は発信出来ません。そんな訳で、このサイトではAutoCAD(オートキャド)をテーマにしているのです。



■CADの種類はたくさんある



でも、当然のことながらCADはAutoCAD(オートキャド)だけではありません。色々なメーカーから色々な用途のCADが開発・販売されています。

汎用CADと呼ばれる一般的な機能を備えたCADや、建築専門・設備専門など特定の分野の特化した機能をもつCADなど、世の中には本当に様々な種類のCADが存在しています。

当然のことですが、値段も全然違います。フリーウェア(無料)のCADもありますし、数百万単位のCADもあるんです。当然私が聞いたこともないような専門のCADもあるでしょう。

値段の差は機能や性能の差なの?と聞かれるとちょっと困ります。高いから使いやすいという訳ではないですし、逆の場合も同じことが言えます。

ここで認識しておいて頂きたいのは、フリーウェアのCADが低機能である訳では決してない、ということです。

その昔、私は一式400万円のCADを使っていましたが、別にそこまで素晴らしい機能がある訳ではなかったです。なんかいちいち大げさだなあというイメージだけはありましたが…。

でもこれには単純なオチがありました。

後で聞いた話なのですが、その400万円のCADというのは「買った当時400万円した」というモノで、私が使っていた頃には、既にもっと高性能なモデルが安く出ている時期でした。

現役引退寸前のプロ野球選手みたいに、費用だけはかかり(当時はリースが主流でした)あまり活躍しない、という情けないCADだった訳です。

早い話が、ハズレ的なCADが私の元にまわってきただけですね。

それでも使っていく内に、どういう訳か愛着がわいて来るんですよね。でも、愛着だけでは仕事が成り立ちませんから、しばらくして別のCADに乗り換えることになります。

AutoCAD(オートキャド)以外のCAD



タイトルは「CADの種類は色々」などとつけていますが、全部の種類について説明できる程、私のCADに対する知識は豊富な訳ではありません。

技術者として必要とされるのは「浅くて広い知識」ではなくて「狭くても深い知識」です。そんな訳で、全てのCADの詳しい必要なんて別にないんですよね。

ここではAutoCAD(オートキャド)以外にもう1種類だけ、別のCADを紹介したいと思います。先程ちょこっとだけ話に出てきた、無料のCADです。

まずは実際に操作してみたい、と考えている方にお勧めしたいCADがJw_cadです。非常に有名なフリーウェア(無料ソフト)ですから、御存知の方もいらっしゃるでしょう。

フリーウェア(無料ソフト)が持っている最大のメリットは、当たり前ですが導入に費用がかからないことです。そういった理由で、Jw_cadは非常にたくさんの人が利用してます。

たくさんの人が利用しているということは、ガイドブックも充実していると言うことです。需要があるので供給が多い訳ですね。

ガイドブックを買えば巻末にCDが付属してきて、それをインストールすればすぐにJw_CADが使えるようになります。

時期によってはバージョンアップしていたりする場合も考えられますから、最新バージョンをインストールしたいのであれば、以下のサイトに行ってみましょう。

相談室で質問も出来る様です。これは下手なガイドブックよりも重宝するかも知れませんね。わからないことは知っている人に聞くのが一番です。

 Jw_cadのサイト

話の流れでJw_cadを推してしまいましたが、それはCADがどういうものかを知って頂きたかったからです。私はあくまでもAutoCAD(オートキャド)のお話しをしていきますので、ご了承くださいね。

ですからJw_cadの話はここで終わります。というか、情けない話ですが、私はあまりJw_cadを上手に使えません。

せいぜい出来るのはデータを受け取った時にする印刷と、少し編集したいときに使うdxf変換くらいです。

私のレベルがそんな段階ですので、Jw_cadの解説なんて全然出来ないんです。逆に解説して欲しいくらいですから…。

AutoCAD(オートキャド)以外のCADについてはこのあたりで終わりにしておくことにします。あまり話を続けると、知識のなさが暴露されてしまいます。

それ自体は構わないのですが、読んでいる方の為になる情報ではありませんので、次回は私の専門であるAutoCAD(オートキャド)の特徴についてお話ししようと思います。

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ