「紙と縮尺」の記事一覧

図面枠には色々ある

さて、前回は図面枠の持っている役割についてお話しをしました。

正式な図面には、必ず図面枠がついている訳ですが、この図面枠はそれぞれの会社によって様々な形があるんです。

今回は、少し話がそれてしまいますが、今まで見てきた図面枠について少しお話ししようかと思います。

図面枠の役目とは

前回は、実際に印刷できる範囲ということで、マージンを含めてお話しをしました。

では、実際にAutoCAD(オートキャド)で図面を作図して印刷をする場合に、印刷可能範囲ギリギリにはどんなものが作図されるでしょうか。

印刷範囲とマージン

すこし前に、縮尺と紙のサイズによって印刷可能範囲が変わる、という話をしました。覚えているでしょうか。

ここで、印刷可能範囲について、ちょっと気をつけなければならない点がありますので、補足をしたいと思います。

縮尺に影響される設定

今まで何回かに分けてAutoCAD(オートキャド)の縮尺についてのお話しをしてきました。

色々な要素が絡んでいるので覚えるまでが大変ですが、AutoCAD(オートキャド)を使って作図をしていく上で、縮尺の設定は避けて通れません。

しっかりと腰を据えて覚えて頂きたいと思います。

今回は、縮尺が変わることによって、各種設定にはどんなが影響があるのかという点について考えてみたいと思います。

縮尺が変わっても変化のない設定と、縮尺にあわせて変更しなければいけない設定には、どんな種類があるのでしょうか。

図面範囲(LIMITS)

前回はAutoCAD(オートキャド)の縮尺について、基本的な考え方をお話ししました。

大きな作図対象物を、決められたサイズの紙に収める為に縮小する。しつこいようですが、この考え方は非常に大事ですからきっちりと覚えておきましょう。

今回は、その図面範囲を設定するコマンドを紹介します。

縮尺の考え方-2

前回はAutoCAD(オートキャド)による図面の縮尺設定についてお話しをしました。

その中で「紙サイズよりも大きな対象物を作図する為に縮小する」という部分があったかと思います。縮尺の考え方は、ここに集約されていますので、きっちりと覚えておきましょう。

縮尺の考え方-1

AutoCAD(オートキャド)で図面を作図し始めるにあたって、線を引くよりも先にやっておかなければならないことがあります。

作図前の設定は大体終わりました、というようなお話しをしてきましたが、いざ作図を開始すると、すぐ設定の話に戻ってきてしまいますね。

でも、「作図をしながら設定を覚えていく」という形が一番分かりやすいですから、しばらくは作図コマンドと設定を行ったり来たりしながら進めていきましょう。

という訳で、今回は線を引く前に設定をしておきたい項目である「縮尺の設定」についてお話しをしたいと思います。

作図しながら覚える

AutoCAD(オートキャド)を起動して、これから実際に図面を作図する訳ですが、今回はその手順について考えてみたいと思います。

AutoCAD(オートキャド)の練習方法は人それぞれあるかとは思いますが、実際に作図をしながら覚えるのが一番ではないでしょうか。

準備が出来たら

さて。

今まで色々とAutoCAD(オートキャド)の設定についてお話しして来た訳ですが、そろそろ作図する前の初期設定については終わりに近づいてきました。

AutoCAD(オートキャド)の設定に関する知識が少しずつ高まってきている事を、何となく実感しているのではないでしょうか。

図面を作図する前にというか、AutoCAD(オートキャド)を購入して実際に作図を始める前にしておきたい設定は、このあたりでひとまず終わりにしておきます。

紙の種類

前回は紙のサイズだけで話が終わってしまいましたので、今回は紙の種類についてお話ししようと思います。

そんなにたくさんの種類を使う訳ではありませんから、一応知識として覚えておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ